「関西華文時報」は関西を中心とする西日本地区在住の
 中国人や華人向けに発行している中国語新聞です。
媒体概要 購読申し込み 会社概要 中文案内 お問い合わせ

媒体概要

facebook



黒瀬道子微博

編集長微博

日本財経文化TV

中国語翻訳.com


「関西華文時報」は関西地区(大阪、京都、兵庫、滋賀、和歌山、奈良)及び名古屋を中心とする中部地方在住の華僑や華人向けに発行している中国語新聞です。同地区の華僑・華人の動向や中国関係のイベント情報、中国人向け求人・進学情報など幅広い内容を提供。東京発信の中国語媒体が多い中、地元に密着した情報誌として同地区在住の中国語話者に絶大な支持を得ています。日本語の紙面も設け、中国語が読めない在日中国人や日本人読者向けにも情報を発信しています。

発行エリア関西地区(大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、和歌山県、奈良県)
東海地区(三重県、名古屋市)、その他全国
発行日毎月1日・15日
体 裁タブロイド版48〜56頁(カラーページ22〜26頁)
価 格[1部] 320円(本体296円)
[定期購読] 6,500円╱1年(送料込)
[お試しコース] 2,300円╱3ヶ月・6回(送料込)
※1部のみの購入方法:切手320円分(80円4枚)を同封の上、郵便でお申し込みください。(購入希望号の発行日もしくは最新号と明記)
発行所有限会社アカシア・コミュニケーションズ
発行人黒瀬道子
編集人叢中笑


特長1. 地域に密着
「関西華文時報」の読者は関西一円及び名古屋を中心とする中部地方在住の中国人や華人、及び中国語を勉強している日本人です。内容も関西の在日中国人に関するニュースや、関西の中国系企業の紹介などを中心に構成されており、東京発信型の他紙と一線を画しています。

特長2. 専属記者の取材に基づく記事
「関西華文時報」の記事は、専属の記者が取材し執筆しています。在日中国人の動向や日中関係に関する取材を得意とし、記事はしばしば中国国内のメディアに転載されています。

特長3. 異文化の架け橋
発行母体は有限会社アカシア・コミュニケーションズ。総合翻訳会社として日本の自治体や企業、中国自治体の翻訳業務を数多く手がけています。他言語コミュニケーションの難しさを実感している翻訳会社だからこそできる新聞作りを目指し、日本人と中国人のスタッフが共同で新聞制作に携わっています。

特長4. 読者自らが作り上げる新聞
読者からの投稿が多いのも「関西華文時報」の特長。中国人留学生や研修生、主婦や社会人まで、幅広い層の読者が在日生活を中国語でつづります。各界で活躍する特約記者もオリジナルの記事で紙面を盛り上げます。書き手の使用言語や出身地に合わせ、簡体字、繁体字、日本語での掲載が可能。

特長5. 中国人観光客ご用達
中国本土や台湾からの日本訪問者が観光案内の代わりとして本紙を活用。本紙に掲載された地図を頼りに飲食店や免税店を訪れているようです。



中国映画界の巨匠陳凱歌氏にインタビューする関西華文時報記者。

関西地区の主要な書店でも販売されている。写真は紀伊国屋書店梅田店。タイム誌やニュースウィーク誌など海外雑誌が並ぶ洋書コーナー。

Copyright Acacia Communications,Inc. All rights reserved.
関西華文時報ホームページに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は(有)アカシア・コミュニケーションズ(関西華文時報編集社)またはその情報提供者に属します。